一般事業主行動計画

行動目標

えんやまグループは、職員が基本理念を念頭に、それぞれに切磋琢磨することで社会に貢献できるよう、又、職員間の互助環境を創出していくため、「次世代育成対策推進法」の主旨を理解し実践していく。

行動計画

①計画期間 平成28年4月1日~平成31年3月31日

②内容

  • 育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項についての周知
    • 育児休業は希望があれば完全取得できるよう、制度の徹底告知と環境の整備
      • 全体会議等での制度及び協力への周知徹底と依頼。
      • 代替職員確保のための職務を考慮した配置及び員数を確保する。
      • 職場復帰については本人が納得できる状態でおこなうようにする。
    • 男性の育児休業取得促進
      • 本計画期間内に男性職員が育児休業を取得できることを周知・推進する。

  • 所定外労働時間の低減
    • 残業については可能な限り実施しないよう業務の配慮を行う。残業を実施する場合職員一人当たりの月平均時間を2時間以内に抑える。
    • 休日出勤時には、振替休暇を励行する。

  • 時間単位有給休暇の創設と永年勤続休暇・学校等行事参加休暇の活用
    • 有給休暇について
      • 計画的に取得できる体制を確保できるようにする。また、全職員が年間60%以上の有給休暇が取得できるよう配慮する。
    • 年次有給休暇の時間休制度の新設
      • 年5日間を限度として、2時間単位で年次有給休暇を取得できるよう就業規則を改定。
    • 永年勤続休暇、学校等行事参加休暇の周知
      • 平成25年度に創設した永年勤続休暇、学校等行事参加休暇について、各職員が活用できるよう改めて周知する。

  • 資格取得を奨励し、キャリアアップを図る
    • 介護福祉士、介護支援専門員等の専門資格取得に必要な研修や講座の受講に対し、その費用を補助する制度を新設し、職員のキャリアアップを援助する。
  • 中・高校生ならびに専門学校、短大、大学等の職場体験・研修・実習の受け入れ
    • 若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、トライアル雇用等を通じた雇入れ又は職業訓練の推進
      • 若年者のトライアル雇用(ハローワークから紹介された労働者を短期間、試験的に雇用する)制度を導入する
    • 介護職員初任者研修や介護福祉士養成に関する実習を積極的に受け入れる
    • その他各種団体主催のボランティア体験や実習などできる限り受け入れる